最近書いたof用addon紹介

of0.8.0出ましたね.
そんな中早速ofxiPhoneがofxiOSになったり皆が慣れ親しんだtestAppがofAppに変わったり色々と色々ですが, 夏ですね.

ということで, 最近全然クロスプラットフォームじゃないaddonを書いては公開(at github)してるので紹介.

ofxCIDetector

github:ofxCIDetector
CoreImageの顔認識ライブラリCIDetectorをofxiOS用に包んだaddon.
クラスにofImage投げたら輪郭, 目, 口の情報が返って来る. まだgrayscaleの画像には対応してない. (このことREADMEにも書かなきゃ…)

ofxVoiceSynthesizer

github:ofxVoiceSynthesizer
OSXのText2SpeechライブラリNSSpeechSynthesizerを包んだaddon.
iOSでもprivateであるけど公開出来ないから一応osxのみ. 需要があればiOS用も書くけど…

ofxCoreMIDI

github:ofxCoreMIDI
OSXのMIDIライブラリCoreMIDIを包んだaddon.
まだまだだけど取り敢えずなんか受信は出来るし公開したって状態.
でもちゃんと調べたらofxMIDIっていうちゃんとしてるっぽいaddonあったしもう良いかなって気も.

ofxiGKSession

github:ofxiGKSession
iOSのGameKitの特にBluetooth通信部分であるGKSessionを包んだaddon.
設計的にofEventにすべきかどうか悩んだけどiOS脳になってるのでdelegate的なクラスを継承するって形で実装.
ofEvent投げるようなサブクラス使えばそういうofEventも使えるし, それはオプションで近々書くつもり.
Server-Clientモデルはあんまり試してないのでまだまだ改良の余地あり.

ofxTBTexture

github:ofxTBTexture
俺がよく使うofTextureの拡張drawメソッドをちゃんとクラス化したもの.
主に長方形以外の図形にフォーカス. ドキュメント書くのめんどくさい.
一応疑似補間みたいなこともやってるけど精度は…

ofxObjective-C++Utility

github:ofxObjective-C–Utility
githubのURL制限のせいで残念な感じになったObjective-C++用ユーティリティ. かなりニッチ.
NSStringとstringの変換とかvectorからNSArrayへの変換とか. あとof向けにofPointとCGPoint, ofRectとCGRect, ofBufferとNSDataとかの変換も.
vectorからNSArrayへの変換はblocks書けないと辛い. ofっぽくないよなーとは思ってたり.
関数ポインタとか変換するだけのインターフェイス作ってそれを継承したクラス作るようにしても良いっちゃ良いんだけど…

ということで, 全然まだまだ改良の余地のあるα版ばかりですが, 何か興味があったら使って貰えると. そんでバグがあったらissue立てて貰ったり勝手に修正してpull request投げてもらったりしたら!勝手に修正してpull request投げてもらったりしたりしたら!!
あ, あと, mdとかの英語で変な所とかもあったら是非指摘してください!英語難しい. ドキュメントも全部Objective-C++で書きたい.

よろしくお願いします.

コメントを残す