山口旅行記: 僕の20代の本当の終焉

facebookで書いた奴まとめ

2015/01/12

やっぱもう一日くらい山口滞在して色々回ろうかな. なんか, やっぱ俺のルーツは福岡じゃなくて山口にある気がする. 勿論福岡にもあるんだけど, 今の俺があるのは山口のお陰なんだって気がするんだよね.
なんか, 12年前にYCAMを知った時の何かを, もっかい見れるんじゃないか, みたいな, 変なノスタルジイというか, センチメンタルというか, そんな物を感じるんだよね.
たまたま中村洋介と会ってダラダラ話しちゃったり, そういう時間をもう一日くらい探しても良いよね.

2015/01/13

今日は留年した時に転がり込んだバイト先の当時の店長と昼飯食って, 大学/大学院の頃の研究室の先生, お世話になった学科の先生とゆっくり話し込んだ. 先生のゼミに顔を出しなよって言われてちょっと顔を出したら急遽プレゼンをさせられるおまけ付き.
なんだか既に30歳になった僕の20代を終わらせる旅をしてる気もする.
なんだろう, うまく言葉で表せないけど, でも少しすっきりした.
明日, YCAMの伊藤さんときちんと話せたら僕はきっと30歳になれるような気がする.

2015/01/14

たくろーさんから「石井君, 子供いるんでしょ?」っていう謎の誤解を受けてたのが今日のハイライトになりそうです.

2015/01/24〜2015/01/26

山口から東京に「帰って来た」ときに感じる現実に引き戻された感と言ったら.
数年前まで山口がご飯食べて洗濯して寝るところで, 東京はお祭りの会場だったのに感覚はいつの間にか当たり前だけど真逆になってしまってて, 山口に行った時に感じる安心感と東京に帰ったときに感じる日常としての安心感は違う種類.

YCAMで出会う懐かしい人達から親戚のおばちゃんに「大きくなったねー」と言われるかの様に, 「石井君も偉くなってねぇ。まさか石井君が働くとは。」と. 実際学生だったから半分ニートみたいなもんでしたけども, 脱ニートに成功して5年くらい経ちます.
あの頃Arukで100円で買った10枚入り(後に100円で8枚入りにボリュームダウンした)のマジックフレークのピーナッツバター味で3日くらい生きてた僕も今は大人になって2日一回はコンビニ弁当なり牛丼なりを食べられる様に成長しました.

生きてたんだから当たり前なんだけど, YCAM周辺だけでも本当に多くの人にお世話になってたんだなーと. でも人間って残酷で色んな人にお世話になったのに会うまで思い出せない人も居たり.
でも, それは前回思った様々な場所に実際に行くことが切っ掛けで些細な出来事が大量に思い出されるのと一緒で, 会った瞬間に色んなことがフラッシュバックしたりして, 存在すら忘れててごめんなさいなんだけどまた会えて良かったっていう人達を沢山思い出すことが出来た.
多分またすぐ記憶から薄れていっちゃうんだけど.

僕が住んでた山口は相変わらず暗くて, やっぱり何も無い道でも躓きそうになるんだけど, 宇部空港からタクシーでYCAMまで行ってたときも相変わらず田舎だなー, 暗いなー, とか思ってたらいつの間にかデカいTSUTAYAとかTully’sとかがあって一瞬自分がどこを走ってるのか分からなくてパニックになってたらなんてことはない薄暗くてコーヒーが不味いジャズ喫茶ポルシェのちょっと手前で.

Frankに行くとき僕らの高級料理屋フラカッソがビッグボーイに変わってて基君に「僕が初めて来た時からここはずっとビッグボーイだった」と言われてここも少しずつ僕が知らない山口市になっていってるんだなって思ってFrank着いたら禁煙になってて初めて僕がライブをやったスペースは無くなって何か物を売ってて, でもお金が無いときにマッシーに連れてかれてFrankでご飯食べてお金払おうとしたら「石井君からお金なんかもらえんちゃ」とか言ってタダで飯食わせてくれたりしたノブさんは厨房に居て手を振っても一瞬気付いてもらえなかったけどやっぱり「大きくなったねー」みたいなことを言われながらちゃんとキャッシュオンでお金払いながらビール飲んだり.

で, ビール飲みながら伊藤さんと話してたら僕が当時YCAMで問題児扱いされるようになった事件の話をされて何かちょっと話が歪んで伝わってることに気付いて11年越しで訂正したりしたんだけど, やっぱりあのとき僕は間違ったことはしてないと思うし, 結果論だけどあのとき財団から説教されて問題児扱いされてサポートスタッフからハブられたから明日香さんに拾ってもらってラボに堂々と潜り込める権利を得たし, 何言ってるか分からない変なリッチーとも出会えたし, Refined Colorsのドキュメント撮影のお手伝いして大度さんと知り合ったし, 何もかも間違っちゃいないんだなって. 結果論だけど.

そんな最高の閉塞感漂うクソ田舎山口と最高の環境YCAMに僕が出来る恩返しは最高の閉塞感漂うクソ田舎山口に最高の環境YCAMっていう場所があったお陰で今の僕があるんだってことを偉そうに語れちゃったりする様に偉くなることかな?とか. 頑張ろ. 30歳になりました.

Posted by on 2015_1_28 in 未分類

コメントを残す